【遊戯王マスターデュエル】ゲート・ガーディアンデッキとキーカード紹介! フィールドに迷宮が出現した!?

 

このパックにより、「マナドゥム」「ゲート・ガーディアン」が新たに実装・強化が入りました!

そうです、実装から20年以上の時を経て「ゲート・ガーディアン」に大幅強化が入るのです...

昔は「ゲート・ガーディアン」で戦うことは、かなり厳しかったですが、強化された今回はどうでしょうか?

 

 

今回の構築も「純構築」を意識して作成したので、優しい目で参考程度に見て頂ければ幸いです。

 

 

ゲート・ガーディアンデッキ【メイン】

 

コチラが「ゲート・ガーディアン」のメインデッキになります。

作成したてホヤホヤなので、完成形ではないためご了承ください...【終末の騎士】が制限なので、今回は採用していません。

 

URである【マジシャンズ・ソウルズ】を採用していない構築も載せておきます。

欲しいですが【マジシャンズ・ソウルズ】が無くても十分戦うことができると感じました。

 

 

 

そして、「ゲート・ガーディアン」デッキで最も変化したことがあります。

 

「融合」テーマになりますが、【融合】のカードは必要がないため、決められた召喚条件に「三魔神」を揃えることが、主な戦術・勝ち筋になります。

 

また、【迷宮の重魔戦車】【ラビリンス・ウォール・シャドウ】【迷宮に潜むシャドウ・グール】など、昔聞いたことのある懐かしいカードたちも、リメイクされ展開をサポートしてくれます。

 

 

「ゲート・ガーディアン」は環境デッキと比べると...かなり劣ってしまいますが、純構築でも先行・後攻と対応ができ非常に安定したテーマだと個人的には思います。

また、効果も原作をリスペクトしており、非常に個性がありオススメになります!

 

子どもの頃に「ゲート・ガーディアン」デッキを使っていた方や迷宮兄弟が好きな方は、是非、以降のキーカード紹介も見て頂ければ幸いです!

 

メインデッキのキーカード

 

E・HERO プリズマー】は「三魔神」を墓地に送れる点に加え、「三魔神」をコピーすることができ、「ゲート・ガーディアン」融合モンスターの展開を広げることができます。

 

また【ヒーローアライブ】を採用することで、【E・HERO プリズマー】にアクセスができ、【フォース・オブ・ガーディアン】と組み合わせることで、ワンキルを行うこともできます!

 

竜魔導の守護者】は【融合派兵】をサーチすることで、一気に「三魔神」をフィールドに展開することができ、【合体魔神-ゲート・ガーディアン】以外の融合モンスターに繋げることができます。

 

 

迷宮に潜むシャドウ・グール

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードを手札から捨てて発動できる。 デッキから「ラビリンス・ウォール」カード1枚を手札に加える。
(2):相手モンスターが戦闘を行うダメージステップ開始時、 自分フィールドに「ラビリンス・ウォール」カードが存在する場合、墓地のこのカードを除外して発動できる。 その相手モンスターを破壊する。

 

【シャドウ・グール】のリメイクモンスターになります!

 

(1)は「このカードを手札から捨てて「ラビリンス・ウォール」カードをサーチする」非常にシンプルなサーチ効果になります。

 

現状、サーチ先は【ラビリンス・ウォール】と【ラビリンス・ウォール・シャドウ】になりますが、展開の要であるフィールド魔法の【ラビリンス・ウォール・シャドウ】一択になります。

そのため、実質テーマ専用の【テラ・フォーミング】だと考えて良いと思います!

 

(2)は「相手モンスターが戦闘を行うダメージステップ開始時、自分フィールドに「ラビリンス・ウォール」カードが存在する場合、墓地のこのカードを除外して、その相手モンスターを破壊する」除去効果になります。

 

発動条件として、墓地にこのカードとフィールドに「ラビリンス・ウォール」カードが、必要になりますが、(1)の効果で発動条件をすべて満たすことができます。

 

正直言うと、相手からはバレバレのため、発動する場面は少ないです・・・

ですが、破壊効果は対象を取らないうえにダメージステップ発動で防がれにくいため、牽制として大きく活躍が期待できると思います。

 

迷宮の重魔戦車

このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードはリリースなしで召喚できる。
(2):このカードは召喚したターンには攻撃できない。
(3):自分メインフェイズに発動できる。 自分の手札・デッキ・除外状態の「雷魔神-サンガ」「風魔神-ヒューガ」「水魔神-スーガ」のいずれか1体を選び、 永続魔法カード扱いで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。 自分フィールドに「ラビリンス・ウォール」カードが存在する場合、 さらに相手フィールドのモンスター1体を破壊できる。

 

【迷宮の魔戦車】のリメイクモンスターになります。

 

このモンスターは、攻撃ができないですが、リリースなしで召喚することができます。

この効果により、容易に展開を行うことができ、(3)の効果に即座に繋げることができます。

 

その(3)は「自分メインフェイズに、自分の手札・デッキ・除外状態の「三魔神」のいずれか1体を選び、永続魔法カード扱いで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く」効果になります。

 

デッキ・除外ゾーンからも「三魔神」を持ってくることができ「ゲート・ガーディアン」融合モンスターはフィールドの「三魔神」を除外して融合ができ、優秀なリソース確保効果になります。

 

また、この効果は【マジシャンズ・ソウルズ】とも相性が良く、魔法&罠ゾーンの「三魔神」をコストにし、ドローを行うこともできます。

 

また「自分フィールドに「ラビリンス・ウォール」カードが存在する場合、さらに相手フィールドのモンスター1体を破壊できる」追加効果を持っており、展開を行いながら除去ができます。

ちなみに、破壊効果は対象を取らないため、オマケですが強力な除去効果になります。

 

ラビリンス・ウォール・シャドウ

(1):元々のレベルが5以上のモンスターを除く、 召喚・反転召喚・特殊召喚されたモンスターは、そのターンには攻撃できない。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。 自分の手札・デッキ・除外状態の「雷魔神-サンガ」「風魔神-ヒューガ」「水魔神-スーガ」のいずれか1体を選び、 永続魔法カード扱いで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。
(3):相手バトルフェイズ開始時、相手フィールドの攻撃力1600未満のモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを破壊する。

 

「ゲート・ガーディアン」デッキの要のフィールド魔法カードになります。

 

(1)は「元々のレベルが5以上のモンスターを除く、召喚・反転召喚・特殊召喚されたモンスターは、そのターンには攻撃できない」効果になります。

 

この効果は、リンク・エクシーズテーマに非常に刺さる効果になります。

特にエクシーズテーマの場合、攻撃ができないため【天霆號アーゼウス】の展開を抑制することができます。

強力な制圧効果ですが、この効果は自分も適応されるため注意が必要です!

 

(2)は「自分メインフェイズに、自分の手札・デッキ・除外状態の「三魔神」のいずれか1体を選び、永続魔法カード扱いで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く」効果になります。

 

効果は【迷宮の重魔戦車】と同じになり、「ゲート・ガーディアン」融合モンスターの展開サポートとして活躍することができます。

ただし、コチラのカードは「名称ターン1制限がない」ため、張替えれば何度も発動することができます。

 

(3)は「相手バトルフェイズ開始時、相手フィールドの攻撃力1600未満のモンスター1体を対象として、そのモンスターを破壊する」除去効果になります。

 

牽制として、悪くない効果ですが1600未満という条件もあり、このカードも相手に見えているため、オマケ効果と割り切って良いと思います。

 

個人的に「抑止力・展開」と文句なしで、強力な3枚必須のフィールド魔法になります。

 

魔風衝撃波

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「ゲート・ガーディアン」モンスターが存在する場合、 フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。
(2):自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外して発動できる。 自分のデッキ・除外状態の「雷魔神-サンガ」「風魔神-ヒューガ」「水魔神-スーガ」のいずれか1体を手札に加える。

 

シンプルな除去効果を持つ速攻魔法カードになります。

 

(1)は「自分フィールドに「ゲート・ガーディアン」モンスターが存在する場合、フィールドのカード1枚を対象として、そのカードを破壊する」除去効果になります。

 

フリーチェーンで破壊できますが・・・フィールドに「ゲート・ガーディアン」モンスターがいないと発動することができません。

 

「これなら、他のカードで良くない?」と思えますが、融合モンスターの【雷風魔神-ゲート・ガーディアン】からサーチでき、除去範囲も広く使い勝手が良いため、1枚は採用したい魔法カードになります。

 

(2)は「 自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外して、自分のデッキ・除外状態の「雷魔神-サンガ」「風魔神-ヒューガ」「水魔神-スーガ」のいずれか1体を手札に加える」サルベージ効果になります。

 

コチラの効果は【ラビリンス・ウォール・シャドウ】以外の「ゲート・ガーディアン」魔法・罠カードの共通効果になります。

 

 

サルベージ効果により、手札の「三魔神」を利用できる【合体魔神-ゲート・ガーディアン】の召喚をサポートすることができたり、【七星の宝刀】などのコストとしても利用することができます。

 

 

フォース・オブ・ガーディアン

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分のLPが相手より低い場合、 元々のカード名に「ゲート・ガーディアン」を含む自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。 相手のLPを半分にする。 その後、相手のLPの数値分だけ対象のモンスターの攻撃力をアップする。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。 自分のデッキ・除外状態の「雷魔神-サンガ」「風魔神-ヒューガ」「水魔神-スーガ」のいずれか1体を手札に加える。

 

ワンキル性能を持っている強力な魔法カードになります。

 

効果は「自分のLPが相手より低い場合、元々のカード名に「ゲート・ガーディアン」を含む自分フィールドのモンスター1体を対象として、相手のLPを半分にしその後、相手のLPの数値分だけ対象のモンスターの攻撃力をアップする」相手のライフ半減+強化効果になります。

 

発動条件が「自分のLPが相手より低い場合」と少々難しいですが、【ヒーローアライブ】などでライフを削ることで、容易に満たすことができます。

もちろん、【チキンレース】や【成金ゴブリン】でも問題ありません!(【ダーク・エレメント】が実装してくれれば・・・)

 

また、このカードは【雷風魔神-ゲート・ガーディアン】からサーチすることができるうえに、対象の「ゲート・ガーディアン」モンスターも同時に準備することができます。

 

 

劣勢から一発逆転ができる1枚は採用したい魔法カードになります。

 

ゲート・ガーディアンデッキ【EX】

 

こちらが「ゲート・ガーディアン」のEXデッキになります。

今回の強化により「ゲート・ガーディアン」は4体の融合モンスターが追加されました!

 

「ゲート・ガーディアン」以外のEXモンスターは、自由です(以上)は少し冗談です・・・

オススメは「三魔神」がレベル7なため、ランク7エクシーズを多めに採用すると良いと思います。(「クシャトリラ」を採用するなら尚更ですね!)

 

また今回は、【ネメシス・コリドー】を採用しているため【超雷龍-サンダー・ドラゴン】を入れています。

こちらは、除外を多用するテーマと相性が良く、強力な制圧効果を持っているため採用しています。

  

 

 

 

(2):特殊召喚した表側表示のこのカードが相手によってフィールドから離れた場合に発動できる。 デッキ・EXデッキからレベル11以下の「ゲート・ガーディアン」モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。

【合体魔神-ゲート・ガーディアン】の場合

(2):特殊召喚した表側表示のこのカードが相手によってフィールドから離れた場合に発動できる。 自分の除外状態の、(指定された「三魔神」)1体を特殊召喚する。

レベル9融合「ゲート・ガーディアン」の場合

 

このように、「フィールドから離れた場合」と非常に緩い発動条件で特殊召喚を行うことができます。

そのため、フィールドのモンスターが途切れにくく、戦線を維持することができ、後続に繋げることができます。

 

極論、「ゲート・ガーディアン」融合モンスターだけでも十分戦うことができるため、他のEXモンスターはサブプランとして割り切っても問題ないと思います。

 

雷風魔神-ゲート・ガーディアン

「雷魔神-サンガ」+「風魔神-ヒューガ」
自分フィールドの上記カードを除外した場合のみ特殊召喚できる。
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。 「雷魔神-サンガ」「風魔神-ヒューガ」「水魔神-スーガ」のカード名が全て記された魔法・罠カード1枚を デッキから手札に加える。
(2):特殊召喚した表側表示のこのカードが相手によってフィールドから離れた場合に発動できる。 自分の除外状態の、「雷魔神-サンガ」か「風魔神-ヒューガ」1体を特殊召喚する。

 

 

基本的にすべての「ゲート・ガーディアン」魔法・罠カードをサーチすることができ、状況に合わせて対応することができます。

 

使い方としては【魔風衝撃波】をサーチし、フリーチェーン破壊を狙うことが多いですが、「自分のライフポイント」+「相手の場」次第ですが【フォース・オブ・ガーディアン】をサーチし、一気にワンキルを狙う場合もあります。

 

かなり、シンプルな効果ですが、能動的に動く場合に召喚することが多い優秀なモンスターになります。

 

水雷魔神-ゲート・ガーディアン

「水魔神-スーガ」+「雷魔神-サンガ」
自分フィールドの上記カードを除外した場合のみ特殊召喚できる。
このカード名の(1)の効果は1ターンに2度まで使用できる。
(1):自分・相手ターンに、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる (同一チェーン上では1度まで)。 そのモンスターの攻撃力をターン終了時まで0にする。
(2):特殊召喚した表側表示のこのカードが相手によってフィールドから離れた場合に発動できる。 自分の除外状態の、「水魔神-スーガ」か「雷魔神-サンガ」1体を特殊召喚する。

 

 

一見すると地味な効果ですが、フリーチェーンで相手のモンスターの攻撃力を0にできるため「攻め・守り」と活躍することができる十分優秀な効果になります。

また、この効果は1ターンの2度使用できる点も悪くないと個人的に思います。

 

さらに【フォース・オブ・ガーディアン】と合わせることで、相手のライフ+2550のダメージを与えることができ、一気にデュエルを終わらせることもできます。

 

風水魔神-ゲート・ガーディアン

「風魔神-ヒューガ」+「水魔神-スーガ」
自分フィールドの上記カードを除外した場合のみ特殊召喚できる。
このカード名の(1)の効果は1ターンに2度まで使用できる。
(1):相手がフィールドの魔法・罠カードの効果を発動した時に発動できる(同一チェーン上では1度まで)。 その効果を無効にする。
(2):特殊召喚した表側表示のこのカードが相手によってフィールドから離れた場合に発動できる。 自分の除外状態の、「風魔神-ヒューガ」か「水魔神-スーガ」1体を特殊召喚する。

 

 

優秀な置き物モンスターですね(笑)

【ナチュル・ビースト】のように同一チェーン上では発動できませんが、1ターンに2回もフィールドの魔法・罠カードを無効にできるのは、文句なしで強いです。

 

あらを探せば、フィールドの魔法・罠カードしか無効にできないのは、少々残念ですが、場にいるだけ十分活躍が期待できます。

 

相手のリソースを割くことができ、牽制も行えるため、先行で展開したいモンスターの1枚になります。

 

合体魔神-ゲート・ガーディアン

「雷魔神-サンガ」+「風魔神-ヒューガ」+「水魔神-スーガ」
自分の手札・フィールド・墓地の上記のカードを除外した場合のみ特殊召喚できる。
このカード名の(1)の効果は1ターンに3度まで使用できる。
(1):自分フィールドのカードを対象とする効果を相手が発動した時に発動できる。 その効果を無効にし破壊する。
(2):特殊召喚した表側表示のこのカードが相手によってフィールドから離れた場合に発動できる。 デッキ・EXデッキからレベル11以下の「ゲート・ガーディアン」モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。

 

リメイクされて使いやすくなった「ゲート・ガーディアン」になります。

 

 

フィールドだけでなく、手札・墓地も素材にすることができるため、他の「ゲート・ガーディアン」と比べても展開がしやすく、容易に大型モンスターを場に構えることができます。

 

効果も優秀で「自分フィールドのカードを対象とする効果を相手が発動した時に、その効果を無効にし破壊する」効果になります。

 

発動条件は「自分フィールドのカードを対象とする効果」と範囲は広く、今の遊戯王でも対象に取る効果は多いため、十分活躍が期待できる効果になります。

また、「このカード名の(1)の効果は1ターンに3度まで使用できる」ため、相手にかなりのプレッシャーを与えることができます。

 

もちろん、対象を取らない効果も多いので過信は禁物ですが、(2)の共通効果により、除去されても「デッキ・EXデッキからレベル11以下の「ゲート・ガーディアン」モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する」ことができます。

 

コチラの効果はEXデッキからも特殊召できるため、2体素材の「ゲート・ガーディアン」融合モンスターを状況に合わせて展開することができます。

 

「ガーディアン」という名前の通り、守り気味の効果になりますが、攻撃力・耐性効果と申し分ないエースモンスターなります。

 

まとめ

今回は、遊戯王マスターデュエルから「ゲート・ガーディアン」デッキを紹介しました。

やはり、昔のカードがリメイクされると嬉しいですね!

シンプルな強化ではなく、効果も原作寄りになっており、デッキを回していても楽しいです。

 

実はまだ、【闇の守護神-ダーク・ガーディアン】【ダーク・エレメント】は未実装なため、まだまだ強化が期待できるテーマになります。

 

「ゲート・ガーディアン」テーマ自体は生成コストが安めなため、是非、気になった方は作成してみてはいかがでしょうか!

最新情報をチェックしよう!

遊戯王マスターデュエルの最新記事8件