【遊戯王マスターデュエル】風属性で連続シンクロを決めろ! SR(スピードロイド)デッキとキーカード紹介!

以前、捕食植物(プレデター・プランツ)デッキという「遊戯王ARC-V」では融合次元のデュエリスト「ユーリ」が使用していたテーマを紹介しました。

 

 

アニメ本編を知らない方は「ということは、融合次元以外の次元もあるのではないか?」と考えるのではないでしょうか...

この答えは...融合次元以外にも他の次元があります!

今回は他の次元、シンクロ次元での主人公ともいえる「ユーゴ」が使用していたテーマ、SR(スピードロイド)を紹介していきたいと思います。

 

SR(スピードロイド)はカードの種類が非常に多く、純構築でも十分に戦うことができるので、シンクロ好きの方は必見のテーマになります。

 

 

SR(スピードロイド)デッキ【メイン】

 

こちらが、「SR(スピードロイド)」の【メイン】デッキになります。

今回は、SRはポテンシャルが非常に高いためランクマでも通用する構築にして見ました!

 

「SR(スピードロイド)」は風属性のシンクロテーマになります。

テーマ自体のステータスは低いですが、爆発的な展開力があり、1枚からでも多くのアドバンテージを得ることができます。

 

SRの多くは「この効果を発動後、風属性モンスターしか特殊召喚できない」「この効果を発動後、自分は風属性以外のモンスターの効果を発動できない」というデメリット効果があります。
そのため、必然的にメイン・EXが風属性で統一される点も大きな特徴になります。

 

デメリット効果がキツイな・・・」と思いますが、昨今の遊戯王は風属性シンクロは【フルール・ド・バロネス】など強力なモンスターも多いので、そこまで重い縛りではないと個人的には思います。

もちろん!「SR」や「HSR」のシンクロモンスターも十分強力ですよ!

 

SRは非常に人気のテーマになります! そのためこれからも強化が期待できるので、興味がある方は以降のカード紹介も見て頂ければ幸いです!

 

メインデッキのキーカード

 

基本的にはSR以外のカードは手札誘発や汎用カードしか採用していません。

フレンド対戦などで手札誘発を入れない場合は【風霊媒師ウィン】などを採用することで、手札事故などを減らすことができます。

 

正直...SRは紹介するカードが多い!」そのため、多少説明が簡潔になってしまうと思いますが、ご了承ください。

「私が…動画制作技術があれば」という冗談を言ってみたり(笑)

 

SRベイゴマックス

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。 (1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、 このカードは手札から特殊召喚できる。 (2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。 デッキから「SRベイゴマックス」以外の 「スピードロイド」モンスター1体を手札に加える。

 

制限カードのSR最強初動札になります。最近は減りましたが規制されるまで、SRに限らず様々なデッキに出張していました。

 

(1)は「自分フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる」特殊召喚効果になります。

サイバードラゴン】と違い相手に依存しない為、非常に緩い条件で特殊召喚を行うことができます。

 

(2)は「このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に、デッキから「SRベイゴマックス」以外の「スピードロイド」モンスター1体を手札に加える」サーチ効果になります。

召喚成功時と条件が緩く、(1)の効果と合わせることで容易に展開とサーチを行うことができます。

 

自身以外の「スピードロイド」モンスターなら何でもサーチできるため、状況に合わせたモンスターをサーチすることができるため強力です。

サーチには【SRタケトンボーグ】や、召喚時さらにサーチできる【SRビータマシーン】がオススメになります。

 

SRタケトンボーグ

自分は「SRタケトンボーグ」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。 (1):自分フィールドに風属性モンスターが存在する場合、 このカードは手札から特殊召喚できる。 (2):このカードをリリースして発動できる。 デッキから「スピードロイド」チューナー1体を特殊召喚する。 この効果の発動後、ターン終了時まで 自分は風属性モンスターしか特殊召喚できない。

 

SRベイゴマックス】【SRビーダマシーン】のサーチ先筆頭のSRデッキの潤滑油的なモンスターになります。

 

(1)は「自分フィールドに風属性モンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる」特殊召喚効果になります。

風属性モンスターが存在するだけで特殊召喚できるため、SRでは召喚権を使わずに容易に展開することができます。

 

また【SRベイゴマックス】でサーチすればすぐに特殊召喚できるので、(2)の効果を使わずにエクシーズやリンクを行う選択肢もあります。

ただし、効果に関係なくこのカードの特殊召喚は1ターンに1度しか行えない制限があるので注意が必要です。

 

(2)は「このカードをリリースして、デッキから「スピードロイド」チューナー1体を特殊召喚する」入れ替えリクルート効果になります。

デメリット効果として「この効果の発動後、ターン終了時まで自分は風属性モンスターしか特殊召喚できない」ですが、純構築ならそこまで気にすることはないと思います。

 

SR赤目のダイス】に繋げば即座に風属性のシンクロモンスターに繋げることができるためオススメになります。

 

SR赤目のダイス

(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、 「SR赤目のダイス」以外の自分フィールドの「スピードロイド」モンスター1体を対象とし、 1~6までの任意のレベルを宣言して発動できる。 そのモンスターのレベルはターン終了時まで、宣言したレベルになる。

 

レベル変動効果を持つ、展開の幅を広げることができるモンスターになります。

 

(1)は「このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、「SR赤目のダイス」以外の自分フィールドの「スピードロイド」モンスター1体を対象とし、1~6までの任意のレベルを宣言して、そのモンスターのレベルはターン終了時まで、宣言したレベルになる」レベル変更効果になります。

 

フィールドに自身以外のSRモンスターが必要になりますが、このカードと合わせることでレベル2~7シンクロに繋げることができ、非常に強力な効果になります。

融通が利きやすく、展開の幅を広げることができるため1~2枚は採用したいカードになります。

 

SR電々大公

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。 (1):墓地のこのカードを除外して発動できる。 自分の手札・墓地から「SR電々大公」以外の 「スピードロイド」チューナー1体を選んで特殊召喚する。

 

SRを墓地から支える、要のチューナーモンスターになります。

(1)は「墓地のこのカードを除外して、自分の手札・墓地から「SR電々大公」以外の「スピードロイド」チューナー1体を選んで特殊召喚する」手札・墓地から特殊召喚する効果になります。

 

墓地効果のため初動は発動しずらいと思えますが、自身がチューナーのためシンクロ素材にすることで簡単に墓地に送ることができます。

また【おろかな埋葬】や【SRマジックハウンド】で墓地に送ることで、シンクロせずとも発動することもできます。

 

墓地にあれば、展開をさらに広げることができ間違いなく活躍するカードになります。

 

SRマジックハウンド

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。 (1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。 デッキから「スピードロイド」カード1枚を墓地へ送る。 (2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「スピードロイド」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターをデッキに戻し、そのモンスターとはカード名が異なり、 レベルが同じ「スピードロイド」Sモンスター1体を効果を無効にしてEXデッキから特殊召喚する。 この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 

初動札+SR専用の墓地肥やしモンスターになります。

(1)は「このカードが召喚に成功した時に、デッキから「スピードロイド」カード1枚を墓地へ送る」墓地に送る効果になります。

 

墓地に送るカードは「スピードロイド」カード1枚なので、モンスターや魔法・罠、問わず墓地送れるため非常に強力な効果になります。

基本的に落とすカードは墓地効果を持つ【SRデュプリゲート】か【SR電々大公】がオススメになります。

 

(2)は「墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「スピードロイド」モンスター1体を対象として、そのモンスターをデッキに戻し、そのモンスターとはカード名が異なり、レベルが同じ「スピードロイド」Sモンスター1体を効果を無効にしてEXデッキから特殊召喚する」特殊召喚効果になります。

 

カード種類の関係上、レベル3~5のシンクロモンスターしか出せない点と墓地へ送られたターンには発動できない点は注意が必要です。

私は、効果も無効になるので純粋にシンクロ素材として発動する場合が多いです。

 

スピードリバース

(1):自分の墓地の「スピードロイド」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 (2):墓地のこのカードを除外し、 自分の墓地の「スピードロイド」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを手札に加える。 この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 

SR専用の蘇生・サルベージ魔法カードになります。

(1)は「自分の墓地の「スピードロイド」モンスター1体を対象として、そのモンスターを特殊召喚する」蘇生効果になります。

ターン制限も蘇生条件もないので、シンクロ・展開をさらに広げることができます。

 

(2)は「墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「スピードロイド」モンスター1体を対象として、そのモンスターを手札に加える」サルベージ効果になります。

この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できないですが、【SRベイゴマックス】などの強力なモンスターをサルベージし再利用することができます。

 

1枚で蘇生とサルベージを行うことができ、スピードロイドにとっては間違いなく強力なサポートカードなので2~3枚は採用することをオススメします。

 

SRルーレット

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 (1):手札を1枚捨てて発動できる。 サイコロを1回振る。 レベルの合計が出た目と同じになるように 手札・デッキから「スピードロイド」モンスターを2体まで効果を無効にして特殊召喚する。 特殊召喚できなかった場合、自分は出た目の数×500LPを失う。

 

運は少々絡みますが、非常に強力なリクルート速攻魔法になります。

 

(1)は「手札を1枚捨てて、サイコロを1回振り、レベルの合計が出た目と同じになるように手札・デッキから「スピードロイド」モンスターを2体まで効果を無効にして特殊召喚する」リクルート効果になります。

サイコロを振る関係上、運要素は絡んでしまいますが、1を出さない限りは必ず2体出せるので、召喚権を使わず展開を行うことができます。

 

また、レベルが合わなかったとしても【HSR-GOMガン】をリンク召喚する選択肢もあるので、そこまで気にすることはないと思います。

ただし、「特殊召喚できなかった場合、自分は出た目の数×500LPを失う」ので、デッキのモンスターが少なくなっている後半は注意が必要です。

 

SRスクラッチ

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 (1):手札から「スピードロイド」カード1枚を墓地へ送って発動できる。 デッキから「スピードロイド」モンスター1体を手札に加える。

 

SRの安定性を高めるサーチカードになります。

手札から「スピードロイド」カード1枚を墓地へ送って、デッキから「スピードロイド」モンスター1体を手札に加える」2:1のサーチ効果になります。

サーチ先としては、初動札で非常に強力な【SRベイゴマックス】が多いです。

 

「【風霊媒師ウィン】で良くない?」と思いますが、【SRスクラッチ】はSR魔法・罠もコストに出来るため十分に差別化できていると思います。

「あと…【風霊媒師ウィン】はURで生成コストが高い…も、もちろん私は、持っていますからね!」

 

2枚カードを使用してしまいますが、【SR電々大公】や【SRデュプリゲート】など墓地効果を持つカードをコストとすればデメリットを補うことができます。

採用していない方も多いですが、雑に優秀なサーチなので私は3枚採用しています。

 

  

SR(スピードロイド)デッキ【EX】

 

こちらが「SR(スピードロイド)」のEXデッキになります。

「SR(スピードロイド)」は遊戯王マスターデュエルでは8種類のEXモンスターがいます。

 

SR(スピードロイド)は基本的に「風属性モンスターしか特殊召喚できない」などのデメリットがある関係上、風属性シンクロを主軸にしています。

 

ユーゴのエースモンスターである【クリアウィング・シンクロ・ドラゴン】【クリスタルクリアウィング・シンクロ・ドラゴン】【クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン】などは間違いなく採用したいカードですが、SRではないので今回は紹介を控えさせて頂きます。

 

EXデッキのキーカード

 

今回、紹介するEXモンスターは4種類になります。

極論ですが、風属性シンクロ縛りになってしまうので採用できるカードは限られてしまうと思います。

 

本当にSRのシンクロモンスターはほとんど優秀なので、全て紹介したいですが、長々と書いても仕方ないので許してください(笑)

個人的には【HSRチャンバライダー】がイラスト・効果ともにお気に入りです。

 

HSRコルク-10

チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できず、 この効果を発動するターン、自分は風属性モンスターしか特殊召喚できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●デッキから「スピードロイド」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
●このカードが「スピードロイド」モンスターのみを素材としてS召喚していた場合、
そのS召喚に使用したS素材モンスター一組が全て自分の墓地に揃っていれば、その一組を特殊召喚する。

 

「スピードロイド」魔法・罠カードをサーチでき、大型モンスターの中継役を担う、SRシンクロチューナーになります。

効果はシンクロ召喚に成功した時に2つの効果から1つを選ぶものになります。

 

1つ目は「デッキから「スピードロイド」魔法・罠カード1枚を手札に加える」サーチ効果になります。

非常にシンプルな効果ですが、【SRスクラッチ】【SRルーレット】【SRデュプリゲート】などをサーチできるため、優秀な効果になります。

 

2つ目は「そのS召喚に使用したS素材モンスター一組が全て自分の墓地に揃っていれば、その一組を特殊召喚する」素材の蘇生効果になります。

素材に【SR赤目のダイス】を使用していれば、レベルを変えることで【クリスタルクリアウィング・シンクロ・ドラゴン】など大型モンスターまで繋げることができます。

 

レベル3と少々出しにくいですが、召喚できれば大量展開が狙えるため、採用したいカードになります。

 

HSRカイドレイク

機械族・風属性チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 (1):このカードがS召喚に成功した場合、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●このカード以外のフィールドのカードを全て破壊する。
●相手フィールドの全ての表側表示のカードの効果を無効にする。
(2):このカードが相手によって墓地へ送られた場合に発動できる。 デッキから「スピードロイド」モンスター1体を手札に加える。

 

主に後攻で活躍できるレベル8シンクロモンスターになります。

(1)の効果はシンクロ召喚に成功した時に2つの効果から1つを選ぶものになります。

 

1つ目は「このカード以外のフィールドのカードを全て破壊する」全体除去効果になります。

非常に大味な効果ですが、相手に破壊耐性が無ければ盤面をリセットできるため、一気に戦況をひっくり返すことができます。

ただし、自分のカードも巻き込んでしまうため注意が必要です。

 

2つ目は「相手フィールドの全ての表側表示のカードの効果を無効にする」全体無効効果になります。

無効効果は永続的なうえに、モンスターだけではなく魔法・罠などを含む、全ての表側表示のカードなので強いとしか言いようがありません。

 

(2)は「このカードが相手によって墓地へ送られた場合に、デッキから「スピードロイド」モンスター1体を手札に加える」サーチ効果になります。

前半の効果に目がいきがちですが、リカバリーができるサーチ効果もオマケ程度にしてはかなり優秀だと思います。

 

同じレベル8シンクロの【クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン】とも十分差別化できているため、文句なしのモンスターだと思います。

 

HSR/CWライダー

風属性チューナー+チューナー以外の風属性Sモンスター1体
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。 サイコロを1回振る。 出た目の数まで自分の墓地の風属性モンスターを選んでデッキに戻す。 その後、戻した数まで相手フィールドのカードを選んで破壊できる。 このカードの攻撃力はターン終了時まで、この効果で破壊した数×500アップする。
(2):相手メインフェイズに、S召喚したこのカードをリリースして発動できる。 EXデッキからレベル7の風属性Sモンスターを2体まで特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。

 

クリスタルクリアウィング・シンクロ・ドラゴン】以外のSRのエースモンスターになります。

 

(1)は「1ターンに1度、自分メインフェイズにサイコロを1回振り、出た目の数まで自分の墓地の風属性モンスターを選んでデッキに戻す。その後、戻した数まで相手フィールドのカードを選んで破壊できる」除去効果になります。

サイコロの目の数と墓地の風属性の枚数の2つの条件が関わりますが、最大6枚の除去ができると考えると非常に強力な効果になります。

 

それに加え「このカードの攻撃力はターン終了時まで、この効果で破壊した数×500アップする」ので、6が出れば「6枚除去+攻撃力3000アップ」という破格の効果に早変わりします!

また、墓地の風属性モンスターをデッキに戻せるため、モンスターの消費が多いSRには嬉しい効果になります。

 

(2)は「相手メインフェイズに、S召喚したこのカードをリリースして、EXデッキからレベル7の風属性Sモンスターを2体まで特殊召喚する(同名カードは1枚まで)」特殊召喚効果になります。

この効果により、相手ターンに【クリアウィング・シンクロ・ドラゴン】【クリアウィング・ファスト・ドラゴン】の2枚を展開し制圧することができます。

 

運が絡みますが、デュエルを終わらすほど強力なシンクロモンスターなので、是非1枚は採用したいカードになります。

 

HSR-GOMガン

風属性モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。 風属性モンスター1体を召喚する。 この効果を発動したターン、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):EXデッキから風属性Sモンスター1体を除外して発動できる。 レベルの合計が除外したモンスターと同じになるように、 デッキからカード名が異なる「スピードロイド」モンスター2体を相手に見せ、 相手はその中からランダムに1枚選ぶ。 その1枚を自分の手札に加え、残りを墓地へ送る。

 

SRでの【水晶機巧-ハリファイバー】とも言える、リンクモンスターになります。

 

(1)は「自分メインフェイズに、風属性モンスター1体を召喚する」追加召喚効果になります。

追加召喚により、リンクを行いながらでも、さらに展開を続けることができます。

ただし「この効果を発動したターン、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない」デメリットがある点は注意が必要ですが、SRはそこまで気にすることはないと思います。

 

(2)は「EXデッキから風属性Sモンスター1体を除外して、レベルの合計が除外したモンスターと同じになるように、デッキからカード名が異なる「スピードロイド」モンスター2体を相手に見せ、相手はその中からランダムに1枚選び、その1枚を自分の手札に加え、残りを墓地へ送る」サーチと墓地送りを行う効果になります。

 

一見、サーチ効果は不確定に感じますが、【クリアウィング・シンクロ・ドラゴン】などを除外し、【SRダブルヨーヨー】と【SRベイゴマックス】を選ぶことで、召喚権があれば確実に【SRベイゴマックス】を展開することが可能です。

このように、選ぶ際にはどちらが手札に加わっても良い組み合わせか、どちらが墓地へ送られても良い組み合わせにすればランダム要素は抑えることができます。

 

まとめ

今回は、遊戯王マスターデュエルから「SR(スピードロイド)」デッキを紹介しました。

SRは爆発力と共に展開ルートも多く、シンクロが好きな方に間違いなくオススメのテーマになります。

SRはこれからも強化が期待できるので、興味がある方は是非作成してみて下さい!

 

ちなみにSRはかなり、試行錯誤しています(笑)もう一つの案ですがこちらも参考にしてみて下さい…

最新情報をチェックしよう!