【遊戯王マスターデュエル】正直…オススメできないデッキ紹介! ヴォルカニックデッキ編

【遊戯王マスターデュエル】のURカードは簡単に生成できるものではありません!

デッキを多く作成していると「こんなデッキ作るんじゃなかった…」と後悔することが多々あります。

とは言え、作成してお蔵入りしてしまうのも少し勿体ないと感じてしまう自分もいます(笑)

そこで、今回から作成して後悔したデッキを紹介していきたいと思います。

 「そんなの興味がない!」と言わずに、箸休め程度に見ていただければ嬉しいです!

 

そして、堂々の初回を飾るのが「ヴォルカニック」デッキになります。

アニメGXに登場するオースチン・オブライエンの使用するテーマになります。

「ヴォルカニック」はテーマとしては非常にお気に入りなのですが、新規が【ブレイズ・キャノン・マガジン】以降なく…かなり不遇なテーマになります。

もちろん、紹介するのでフレンド対戦で使用するには問題ないラインまで仕上げているので、物好きな方は参考にしてみて下さい。

 

ヴォルカニックデッキ【メイン】【EX】

  

こちらが、ヴォルカニックのデッキになります。ヴォルカニックは構築が定まらず、かなり右往左往して今のバーンダメージ型になりました。

 

 

さらにバーンダメージに特化した形がこちらになります。

やはり、純構築にこだわると難しいですね・・・誰か面白い案がある方、コメント・DMお待ちしております。

 

ヴォルカニックの特徴は、モンスターが炎属性・炎族で統一されていて、【ヴォルカニック・バックショット】の様に多くがバーン効果を持っています。

イメージとしてはブレイズ・キャノン・マガジン】に弾(モンスター)を込め打ち、【貪欲な壺】や【炎帝近衛兵】で墓地から補充する、バーンダメージ、ビートダウンの混在した戦い方になります。

 

そのため、私はバーンダメージのカードを多く採用してみましたが、ヴォルカニックのバーンダメージはそれ程高くはないので、バーンダメージ軸は難しいです。

じゃあ、何故バーン軸を作成したの?」と思いますが、理由は単純!そっちのほうが面白いからです。

 

デッキのキーカード

 

ヴォルカニックは特殊召喚が少ないので【強欲で謙虚な壺】を採用して、さらにドローをすることも可能です。

また、かなりの頻度でモンスターが墓地に落ちるので【貪欲な壺】は2~3枚採用しても問題なく活躍すると思います。

今回はバーン軸ですが【一回休み】などを採用することで、相手のテンポを奪い優位に展開することできます。

EXデッキは、ランク4エクシーズモンスターと汎用リンクを採用していますが、ヴォルカニックはそこまで展開力がなく【強欲で金満な壺】を採用している理由から特に必要ないと考えます。

 

ブレイズ・キャノン・マガジン

「ブレイズ・キャノン・マガジン」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。 (1):このカードのカード名は、魔法&罠ゾーンに存在する限り 「ブレイズ・キャノン-トライデント」として扱う。 (2):自分及び相手メインフェイズにこの効果を発動できる。 手札の「ヴォルカニック」カード1枚を墓地へ送り、 自分はデッキから1枚ドローする。 (3):自分及び相手メインフェイズに墓地のこのカードを除外して発動できる。 デッキから「ヴォルカニック」カード1枚を墓地へ送る。

 

ヴォルカニックデッキでは無くてはならない罠カードになります。

(1)は「このカードのカード名は、魔法&罠ゾーンに存在する限り「ブレイズ・キャノン-トライデント」として扱う」効果になります。

この効果により、【ヴォルカニック・デビル】をこのカード1枚の消費で特殊召喚できますが、今回は採用していないので、基本的には(2)と(3)の効果を使用していきます。

 

(2)は「自分及び相手メインフェイズに、手札の「ヴォルカニック」カード1枚を墓地へ送り、自分はデッキから1枚ドローする」手札交換効果になります。

後で紹介しますが、【ヴォルカニック・バレット】【ヴォルカニック・カウンター】【ヴォルカニック・バックショットは墓地で効果を発動するので、手札交換は非常に相性が良いです。

 

(3)も「自分及び相手メインフェイズに墓地のこのカードを除外して、デッキから「ヴォルカニック」カード1枚を墓地へ送る」墓地に送る効果になります。

ただし、墓地から除外してしまうので再利用が難しくなってしまう点は注意が必要です。

 

ヴォルカニック・バックショット

このカードが墓地へ送られた時、相手ライフに500ポイントダメージを与える。 このカードが「ブレイズ・キャノン」と名のついたカードの効果によって墓地へ送られた場合、 手札・デッキから「ヴォルカニック・バックショット」2体を墓地へ送る事で、 相手フィールド上のモンスターを全て破壊する。

 

非常に簡単に説明すると、「1500バーン付きのサンダーボルト」になります。

単体だと「墓地に送られた時、相手ライフに500ポイントダメージを与える」という寂しいバーン効果ですが、「ブレイズ・キャノンカードで墓地に送ると追加効果が発動します。

 

追加効果は、「手札・デッキから「ヴォルカニック・バックショット」2体を墓地へ送る事で、相手フィールド上のモンスターを全て破壊する」相手モンスターを全体除去した上で計1500の効果ダメージを与える事ができる強力な効果になります。

 

ブレイズ・キャノン・マガジン】を使うことで相手ターンでも効果を発動できるため、このカードをフリーチェーンの【サンダー・ボルト】のように扱えます。

 

3枚全てが手札・デッキに存在しないと全体除去が撃てない点は注意が必要です!

 

そのため、一度効果の発動を終えた後は、【貪欲な壺】や【炎帝近衛兵】でデッキに戻すことで再度発動することが可能です。

 

ヴォルカニック・バレット

(1):このカードが墓地に存在する場合、1ターンに1度、500LPを払って発動できる。 このカードが墓地に存在する場合、デッキから「ヴォルカニック・バレット」1体を手札に加える。

 

ヴォルカニックデッキの潤滑油モンスターになります。

このカードが墓地に存在する場合、1ターンに1度、500LPを払って、デッキから「ヴォルカニック・バレット」1体を手札に加える同名カードサーチ効果になります。

500LPで手軽に手札コストを作れ【ブレイズ・キャノン・マガジン】の手札交換のカードとして使えます。

また、効果は1ターンに1度ですが、名称ターン1制限ではないので、サーチした2枚目を墓地へ送れば即座に3枚目もサーチができます。

手札コストとして非常に優秀なので3枚は必ず採用したいカードになります。 

 

ヴォルカニック・ロケット

このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、 自分のデッキ・墓地から「ブレイズ・キャノン」と名のついたカード1枚を 選んで手札に加える事ができる。

 

ブレイズ・キャノン・マガジン】を持ってこれる「ヴォルカニック」においては必須モンスターになります。

 

このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、自分のデッキ・墓地から「ブレイズ・キャノン」と名のついたカード1枚を選んで手札に加える」シンプルで強力な効果になります。

デッキだけではなく、墓地からも持ってこれる点は優秀になります。

 

また、攻撃力も1900と高く、大抵の下級モンスターなら戦闘面で負けることはないと思います。

 

ヴォルカニック・カウンター

このカードが墓地に存在し、自分が戦闘ダメージを受けた時に発動する。 墓地のこのカードをゲームから除外し、 自分の墓地に「ヴォルカニック・カウンター」以外の炎属性モンスターが存在する場合、 自分が受けた戦闘ダメージと同じ数値のダメージを相手ライフに与える。

 

相手を牽制する地雷カードになります。

戦闘ダメージを受けた時に墓地から除外し、相手に同じ数値分のダメージを与える」反射効果を持っています。

ただ、墓地で発動する強制効果という非常に珍しい効果であり、それゆえにクセが強いカードと言えます。

 

強制効果なので、墓地にこのカードと他の炎属性モンスターが存在すれば、どんな低い戦闘ダメージでも効果が発動してしまいます。

また、戦闘ダメージを受けた時、墓地に他の炎属性モンスターが存在しない場合、反射効果は発動せず、除外されてしまうので注意が必要です。

そのため、何も考えずに墓地に送ってしまうと全く役に立たないカードになってしまうので、必ず場面を考えて墓地に送りましょう!

 

まとめ

今回は、遊戯王マスターデュエルから「ヴォルカニック」デッキを紹介しました。

何個もデッキを作成していれば納得できないデッキはいくつも出てきます。

それを簡単ですが、供養してあげる…ということで紹介してみました。

 

「そんな…デッキをあげるなよ!」と思う方もいらっしゃると思いますが、当ブログは個人的な趣味なので、広い心で見て頂ければ幸いです。

もちろん、全く戦えないデッキを紹介するつもりは一切ありありません!

ですので、オススメしないデッキ紹介は「こんなデッキもあるんだな…」という気持ちで見て下さると嬉しいです。

最新情報をチェックしよう!