【遊戯王マスターデュエル】ミュートリアデッキとキーカード紹介! 恐怖と未知との遭遇

今読んでいる方の中にも「未知のモンスターが好き」という人も多いと思います。

遊戯王のテーマにも多くの未知のモンスターが存在しています。

そこで今回、私が紹介するデッキは不気味さとカッコよさを持ち合わせている未知のモンスター「ミュートリア」デッキになります!

「ミュートリア」はイラストが非常にお気に入りのテーマで、下級のモンスターから上級・融合モンスターに進化?しているのも男の子なら好きなポイントだと思います。

少々、テクニックが必要で癖が強い融合デッキですが、未知のモンスターが好きな方は間違いなくオススメです。

 

ミュートリアデッキ【メイン】

 

こちらが「ミュートリア」デッキのメインになります! 

「ミュートリア」は融合テーマで相手の動きを邪魔してフィールドを制圧していくのが主な戦術になります。

下級「ミュートリア」モンスターの効果で、状況にに合わせた大型「ミュートリアル」モンスターを特殊召喚し、最終的には「ミュートリアス」モンスターを融合召喚して勝負を決めていきます!

大型の「ミュートリアル」モンスターは共通して「ある種類のカード効果への耐性」「そのカードとは別の種類のカードに反応して発動するカウンター効果」「更にそれらとは別のカードの種類の回収効果」があるのが特徴になります。

デッキとしては大量展開ではなく、コントロール側のデッキになります。

 

ランク戦では、今回はファンデッキ寄りのため採用していませんが、【スキルドレイン】などを採用すると勝てなくはないと思います。

まだプラチナ帯での試行回数が少ないのでこれから少しずつアップデートしていく予定です!

 

メインデッキのキーカード

 

ここからはメインデッキのキーカードを紹介していきたいと思います。

今回はメインのキーカードは非常に多いです!

「ミュートリア」カード以外だと「ミュートリア」は除外を多用するテーマになるので出張パーツの【ネメシス】モンスターや【ネクロフェイス】などを採用しています。

今回も可能な限り純構築にしていますが、カスタムしたいのであれば【サンダー・ドラゴン】や【メタファイズ】と組み合わせると強力です!

 

被検体ミュートリアM-05

被検体ミュートリアM-05

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 (1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「被検体ミュートリアM-05」以外の「ミュートリア」モンスター1体を手札に加える。 (2):このカードをリリースし、手札または自分フィールドの表側表示のカード1枚を除外して発動できる。除外したカードの種類により以下のモンスター1体を手札・デッキから特殊召喚する。 ●モンスター:「ミュートリアル・ビースト」 ●魔法:「ミュートリアル・ミスト」 ●罠:「ミュートリアル・アームズ」

展開札になる下級のミュートリアモンスターになります。

レベル2サイキック族なので【緊急テレポート】にも対応していて間違いなく強力なカードになります。

(1)の効果は「召喚・特殊召喚成功時、同名以外のミュートリアモンスターをサーチできる」シンプルで非常に優秀な効果になります。

(2)の効果は「コストとして、手札または自分フィールドのカードを除外した種類に対応したモンスターを特殊召喚する」効果になります。

除外するカードは特に「ミュートリア」という指定はないので、採用しているなら【サンダー・ドラゴン】をコストにしても良いと思います。

自身のリリースと除外までがコストなので、【灰流うらら】などに無効にされると大損してしまう点は注意が必要です。

 

被検体ミュートリアST-46

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 (1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「ミュートリア」魔法・罠カード1枚を手札に加える。 (2):このカードをリリースし、手札または自分フィールドの表側表示のカード1枚を除外して発動できる。除外したカードの種類により以下のモンスター1体を手札・デッキから特殊召喚する。 ●モンスター:「ミュートリアル・ビースト」 ●魔法:「ミュートリアル・ミスト」 ●罠:「ミュートリアル・アームズ」

 

被検体ミュートリアM-05】がモンスターサーチでしたが、こちらは召喚・特殊召喚成功時「ミュートリア」魔法・罠カード1枚をサーチする効果になります。

こちらもレベル3サイキック族なので【緊急テレポート】に対応しています!

ミュートリア魔法・罠カードは非常に強力なので間違いなく採用したいカードになります。

 

(2)の効果は【被検体ミュートリアM-05】と同様の効果になります。

サーチするカードが【フュージョン・ミュートリアス】・【ミュートリアスの産声】なら(2)の効果を利用して【シンセシス・ミュートリアス】を融合召喚まで繋げることができ、フリーチェーン除去が可能です。

 

ミュートリアル・ビースト

このカードは「ミュートリア」カードの効果でしか特殊召喚できない。このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 (1):このカードは相手モンスターの効果の対象にならない。 (2):相手が魔法カードの効果を発動した時、自分の手札・フィールドからカード1枚を除外して発動できる。その発動を無効にし除外する。 (3):このカードが相手によって破壊された場合、除外されている自分の「ミュートリア」罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。

 

ステータスは少々控えめですが、それを補う(1)の効果と(2)の効果が非常に強力で序盤から終盤にかけて活躍するカードになります。

上級ミュートリア共通の召喚制限としてミュートリアカードの効果以外では特殊召喚できない点は注意が必要です。

 

(1)の「このカードは相手モンスターの効果の対象にならない」はシンプルながらモンスター効果が多い今の遊戯王では非常に優秀な効果だと思います。

 

(2)の効果は「相手の魔法カード発動時、自分の手札・フィールドからカード1枚除外をコストにその発動を無効にし除外する」効果になります。

コストは必要ですが、魔法の「効果の発動」にも対応し、除外するため墓地効果などの再利用も防ぐことが可能です。

 

(3)は「このカードが相手によって破壊された場合、除外されている自分の「ミュートリア」罠カード1枚を手札に加える」効果になります。

この効果は相手によってなので少し遅いと感じます…また回収カードも除外されている罠なのでオマケ程度の効果と考えて良いと思います。

 

ミュートリアル・アームズ

このカードは「ミュートリア」カードの効果でしか特殊召喚できない。このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 (1):このカードは相手の罠カードの効果の対象にならない。 (2):相手がモンスターの効果を発動した時、自分の手札・フィールドからカード1枚を除外し、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを除外する。 (3):このカードが相手によって破壊された場合、除外されている自分の「ミュートリア」魔法カード1体を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。

 

(1)の「このカードは相手罠の効果の対象にならない」は正直…今の罠が少ない遊戯王では微妙な耐性だと感じてしまいます。

 

(2)の効果は「相手のモンスター効果が発動した時に、自分の手札・フィールドからカード1枚除外をコストにフィールドのモンスターを除外する効果」になります。

対象は取りますが、相手モンスターの効果にチェーンして除去できるので優秀な効果だと思います。

除外するだけなので、モンスター効果は無効にならない点は注意が必要です!

 

(3)は「このカードが相手によって破壊された場合、除外されている自分の「ミュートリア」魔法カード1枚を手札に加える」効果になります。

こちらのモンスターは攻撃力が3000と比較的高いので、戦闘面でも活躍するカードになります。

 

ミュートリアル・ミスト

このカードは「ミュートリア」カードの効果でしか特殊召喚できない。このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 (1):このカードは相手の魔法カードの効果の対象にならない。 (2):相手が罠カードの効果を発動した時、自分の手札・フィールドからカード1枚を除外して発動できる。自分はデッキから2枚ドローする。 (3):このカードが相手によって破壊された場合、除外されている自分の「ミュートリア」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。

 

(1)の「このカードは相手魔法カードの効果の対象にならない」は悪くはないですが、モンスター効果が主流なのでオマケ程度と考えて良いと思います。

 

(2)の効果は「相手の罠効果が発動した時に、自分の手札・フィールドからカード1枚除外をコストに2枚ドローする効果」になります。

一応2:1の唯一自分の手札を増やす効果なのですが、現代遊戯王では罠の採用率が比較的低いので発動できないこともしばしばあります…

 

(3)は「このカードが相手によって破壊された場合、除外されている自分の「ミュートリア」モンスターカード1枚を手札に加える」効果になります。

モンスター・魔法・罠の3種類の中ではもっとも除外される頻度が高く、回収先に有用なカードがあることも多いのでこちらは優秀な効果だと思います。

 

上級「ミュートリア」効果まとめ

 

 

このように上級「ミュートリア」は耐性・トリガー・回収がそれぞれ異なるので、盤面の状況や相手デッキの特性に応じて対応していくことが重要になります。

 

フュージョン・ミュートリアス

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 (1):自分の手札・フィールドから、「ミュートリア」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを除外し、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。このターンに相手がカードの効果を発動している場合、自分のデッキ・墓地のモンスターをそれぞれ1体まで融合素材とする事ができる。

 

「融合素材を手札・フィールドから、「ミュートリア」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを除外し融合召喚する」と至って普通の融合カードに見えますが…違います!

 

このターンに相手がカードの効果を発動している場合、自分のデッキ・墓地のモンスターをそれぞれ1体まで融合素材とする事ができる」効果を持ちます!

デッキ・墓地からはそれぞれ1枚しか選べないですが【究極体ミュートリアス】【シンセシス・ミュートリアス】を召喚するためには十分だと思います。

 

相手次第ですが、手札・フィールド・デッキ・墓地というあらゆる場所から素材を選べるのは、枯渇しやすい融合テーマにとって非常に強力なカードになります。

 

ミュートリア進化研究所

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 (1):このカードの発動時の効果処理として、手札及び除外されている自分のモンスターの中から、レベル4以下の「ミュートリア」モンスター1体を選んで特殊召喚できる。 (2):自分フィールドの「ミュートリア」モンスターの攻撃力は、除外されている自分の「ミュートリア」カードのカード名の種類×100アップする。 (3):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。手札から「ミュートリア」モンスター1体をデッキの一番下に戻し、自分はデッキから1枚ドローする。

 

ミュートリア専用のフィールド魔法になります。

(1)は発動時の効果処理として「手札及び除外されている自分のモンスターの中から、レベル4以下の「ミュートリア」モンスター1体を選んで特殊召喚できる」効果になります。

除外されているモンスターも特殊召喚できるので優秀な効果になります。

下級「ミュートリア」はレベル8「ミュートリア」の特殊召喚につなぐことができるため、この効果から大型モンスターの展開まで可能です。

 

(2)の強化効果は上がり幅は低いですが、ミュートリアは除外が多く、元々のステータスも高いモンスターが多いので意外と馬鹿にならない効果だと思います。

 

(3)の効果は手札交換になります。

戻す手札は限定されていますが、手札に来てしまった最上級「ミュートリアル」を別カードに交換できるのでそこそこ便利な効果になります。

 

ミュートリアスの産声

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 (1):自分・相手のメインフェイズに発動できる。自分のフィールド・墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、「ミュートリア」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを持ち主のデッキに戻し、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

 

「ミュートリア」の中でも非常に強力だと個人的に思う罠カードになります。この罠融合の強い点は融合素材の範囲になります!

自分のフィールド・墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から融合素材モンスターを持ち主のデッキに戻す」ことで融合召喚できます。

 

「ミュートリア」カードは墓地・除外ゾーンにカードを貯めやすく、それを利用して融合召喚を行えるのはかなり強力です。

とは言え、罠カードなので発動までにラグがあり、序盤などは墓地・除外リソースの枯渇にもつながるため、必要な場面で【被検体ミュートリアST-46】でサーチするのがオススメです。

罠ということを考えても、メインフェイズにフリーチェーンで融合召喚できるのは強力だと思います。

 

EXデッキ

 

こちらが「ミュートリア」のEXデッキになります。

個人的な意見になりますが融合モンスター以外は特に大きな縛りはないかと思います。

超雷龍-サンダー・ドラゴン】は【ネメシス・コリドー】を採用しているので入れておきたいカードになります。

EXでオススメカードは今回は採用していませんが、上級「ミュートリア」はレベル8で統一されているのでランク8エクシーズなどが活躍すると思います。

もし、生成コストを節約したい場合は「ミュートリア」融合カードだけでもファンデッキとしては戦うことができると思います。

 

EXデッキのキーカード

 

「ミュートリア」融合カードは2種類になります!

正直な話、とりあえずこの2種類があれば問題ありません。そのため今回は融合2種類を紹介していきたいと思います。

 

シンセシス・ミュートリアス

属性が異なる「ミュートリア」モンスター×2 このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 (1):このカードが融合召喚に成功した場合、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。 (2):相手が効果を発動した時に発動できる。このターン、表側表示のこのカードはその効果及び、同じ種類(モンスター・魔法・罠)の相手の効果を受けない。 (3):融合召喚したこのカードが相手によって破壊された場合に発動できる。除外されている自分の「ミュートリア」カード1枚を選んで手札に加える。

 

「ミュートリア」デッキの要となる融合モンスターになります!

ちょっとステータスが低いのが気になるところですが、優秀なカードなので、今回は2枚ですが3枚採用も全然問題ありません!

 

(1)の効果は「融合召喚成功時にフィールドのカード1枚を対象として破壊する」効果になります。

対象をとるもののカードの種類にも制限がなくシンプルで使いやすい除去だと思います。

ミュートリアスの産声】で相手ターンに融合召喚できれば展開の妨害をすることが可能です。

 

(2)の効果は「相手が効果を発動した場合、そのターンそのカードと同じ種類のカードの効果を受けない効果」になります。

1ターンに1度好きな種類のカードに耐性を持てるのは、こちらもシンプルな効果ですが単純に強力だと思います。

 

(3)の効果は「相手によって破壊された場合に除外されているミュートリアカードを手札に加える効果」になります。

上級「ミュートリア」などと違い回収先には制限がなく【フュージョン・ミュートリアス】【ミュートリアスの産声】を回収すれば、破壊されたこのカードを融合素材にあらためて同名カードの融合召喚をすることも可能です。

 

究極体ミュートリアス

レベル8以上の「ミュートリア」モンスター×3 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 (1):カードの効果が発動した時、その効果と同じ種類(モンスター・魔法・罠)の「ミュートリア」カードを自分の手札・墓地及び自分フィールドの表側表示のカードの中から1枚除外して発動できる。その発動を無効にし除外する。 (2):融合召喚したこのカードが相手によって破壊された場合に発動できる。除外されている自分の「ミュートリア」カード3種類(モンスター・魔法・罠)をそれぞれ1枚まで選んで手札に加える。

 

「ミュートリア」デッキの切り札になります!もう名前が究極体ですからね!

融合素材はレベル8以上のミュートリア3体と重いので、【フュージョン・ミュートリアス】のデッキ・墓地からの融合召喚か【ミュートリアスの産声】の墓地・除外ゾーンからの融合召喚が基本になります。

 

(1)の効果は「相手の効果の発動を無効にしそのカードを除外する効果」になります。

コストとして同じ種類のカードを除外する必要がありますが、墓地からで良いのでアドバンテージを失わず無効にできるのでかなり強力です。

 

(2)の効果は「融合召喚したこのカードが破壊された場合に、除外されている「ミュートリアカードを3種類まで手札に加える」非常に強力な効果になります。

とは言え…大型「ミュートリア」のほとんどに共通するのですが、相手によって破壊される必要があるため、受け身の効果になります。

基本的には発動できたらラッキー程度に考えるか、相手に破壊を躊躇させるのが主な効果だと思います。

 

まとめ

今回は、遊戯王マスターデュエルから「ミュートリア」デッキを紹介しました。

やっぱり、未知の生物は心惹かれるものがありますね!

「ミュートリア」は新規もマスターデュエルでは控えているので、今後も目を離せないテーマになります。

最新情報をチェックしよう!