【電話が苦手を克服】私が行っていた電話嫌い対策方法紹介!

現在は、テレワークも増え電話をするのが以前より多くなっていると思います。皆さんは、電話で話すことに抵抗はありますか?仕事以外で電話で話すことは少ないという方も多いと思います。その結果、【電話で話すのが苦手】になる方もいらっしゃると思います。

私もその一人です。実は克服したといっていますが、仕事用の携帯が鳴るのは正直まだ慣れません(笑)ですが、以前よりは、電話対応に抵抗はなくなりました。

Menjoy!』様では、20〜30代の男女500名を対象に、独自のアンケート調査を実施したそうです。

この結果から若い方の半数以上の方が、電話は苦手といううことがわかります。

そこで、今回は電話で話すのが苦手な私が行っていた対応策を紹介します!

そもそも何故電話が苦手?

皆さんは、なぜ電話が苦手ですか?」その原因が理解している、していないとでは克服方法が変わっていきます。

例えば、私の場合は大きな要因が2つありました。1つ目は、「相手の顔も見えなければ用件がわからない」が1つ目になります。電話に慣れていないとやはり急な電話は不安があります。要件がわからないのでその場その場の対応が必要になります。

また、相手の表情も電話ではわかりません。直接話をする場合相手の表情で理解できる場合もあります。ですが、電話越しでは、声だけになってしまい非常に難しいコミュニケーションだと思います。

2つ目は、「そもそも電話に慣れていない」です。現代はSNSやメールなどで用件が解決してしまいます。その結果、電話をかけることが少なくなっていると思います。言ってしまえば免許取りたての運転と同じだと私は考えます。慣れてなければやはり苦手意識は出てしまいます。

このように、皆さんも電話で話すことが苦手な理由があると思います。その理由を始めに考えることで、もしかしたら自分にあった克服方法を見つけられるかも知れません。

電話の克服方法を紹介!

場数を踏んで、電話に慣れる

「電話 フリー素材」の画像検索結果

慣れることが1番重要です。ですが、いきなり慣れろといわれても難しいですよね。ですので、簡単な電話で練習するのが良いと思います。例えば、友人や恋人や家族でも最初は構わないと思います。まずは電話を使ってみることが克服の第1歩だと思います。

仕事では、例えば今までメールで済ましてたものをあえて電話をするという方法もあります。慣れてきたら積極的に自分から電話をしてみましょう。いきなりハードルを上げる必要はありません。

あらかじめ電話する内容をメモなどをして決めておく

自分から電話をする場合、事前に準備することが可能です。内容をメモしておいたり情報を整理することで確実に物事を伝えることが出来ます。

最低限、準備することで話が脱線したりしていても伝えたいことは伝えることが出来ます。もし、内容を相手に伝えられなかったら、もう1度電話をするということになってしまいます。それを避けるためにあらかじめ話す内容を整理することが良いでしょう。

電話の返答を折り返しするようにする

電話を受ける場合、内容だけの場合もありますが、用件などの返答が必要になります。返答は電話に慣れていない方は非常に難しいことです。返答をするのは、対応力を必要とします。また、相手の内容を理解しまとめられる力が瞬時にできなければなりません。

ですので、1度内容だけ聞いて折り返し連絡するという考えもあります。私もよくこの方法は使っていました。「確認しますので、また折り返し連絡します。」など1度電話を切っていました。

私の考えですが、クレームなどは難しいですが、必ずしもその場の返答が必要というわけではありません。その場の対応よりも正確な返答が重要だと思います。

例えば、仕事の電話をその場返答したけど中途半端に内容を伝えてしまったら意味がありません。自分だけの問題なら良いですが先方にも迷惑をかけてしまいます。

最初は内容を理解する→内容をまとめる・返答をまとめる→その後折り返して返答をする】を意識して行えば間違いは少なくなると思います。1度持ち帰るというのも1つの判断です!

私が行った電話克服方法

「電話 フリー」の画像検索結果

私は、どのように克服したか話していこうと思います。私が行った方法なので、参考程度だと思って皆さんは見て下さい!

1つ目は、大学時代はあえて電話が多いバイトをしました。大学時代はリサイクルショップでバイトをしていました。リサイクルショップは頻繁に買取値段の確認や商品不良などの電話対応があります。そこで私は徐々にバイトを通じて電話に慣れていきました。

2つ目は、マナー研修などで電話対応を学び自信をつける。苦手意識があると緊張してしまいます。ですので、私はマナーを勉強し電話対応は難しくないと一種の自己暗示をかけていました。

3つ目は、ひらきなおる! 人間誰もが必ずミスはします。ですので、電話対応が少し間違っていても大抵の場合許してもらえます。若い方ならなおさらです!間違えたら次どうしたらいいか考え行動に移すというのが重要だと私は思います。

1回電話対応を間違えたからって後に引きずる理由はありません!逆に引きずり過ぎると他の作業にも影響が出てしまうかもしれません!

まとめ

業界によっては、まだまだ電話対応が必要です。

【慣れていない電話が苦手なことは当たり前です!】自分ペースで慣れていくことが1番重要だと思います。今回の克服方法は例ですので、もしかしたら自分に合った電話対応があるかも知れません!

電話対応が苦手な方はまず、迅速な対応より正確な対応を心がけましょう!

最新情報をチェックしよう!