私が推しているアーティスト!!DUSTCELLを紹介!!

  • 2021年1月15日
  • 2021年1月19日
  • 音楽

以前、こちらで少しだけ紹介しました。DUSTCELLを今回はもう少し詳しく紹介していきます。出来れば少しづつ他のアーティストも紹介出来たらなと思います。

DUSTCELLとはどのようなアーティスト?

2019年10月 KAMITSUBAKI STUDIOからデビュー YouTubeで配信を始めた、ボーカルのEMAさん、コンポーザーのMisumiさんによる2人組音楽ユニットになります。

それぞれ歌い手とボカロPというキャリアを積んできた2人はDUSTCELLの結成から大きな注目を集め、最初に発表した「CULT」は投稿からわずか3週間で100万再生を突破。2作目の「STIGMA」も早々に100万再生を突破し、以降も精力的に楽曲を発表し続けている。
YouTube登録者は25万人を突破し、瞬く間にその動向が注目される存在となっている。

初投稿のCULTになりますアニメーションも音楽も素晴らしいですね!


2020年5月20日に1st Album「SUMMIT」のリリース、7月31日に1stワンマンライブと11月15日に2nd ワンマンライブ「HOWL」開催いたしました。

ユニット名は「DUST(ゴミ、埃)」と「CELL(細胞)」という言葉を合わせた造語で、EMAさんが名付けました。音楽は「美と狂気」をコンセプトとしているらしいです。

初めて見た私の感想は、世界観が非常に素晴らしいと思いました。

一度、聴いただけで私は一瞬でファンになってしまいましたw

EMAさんはどんな方?

DUSTCELLって一体何者なの??詳しくご紹介 | 【歌ってみた・MIX依頼の定番】有名歌い手やプロも利用

EMAさんは、DUSTCELLのボーカルになります。もともと、歌い手として活躍をしていた経歴があります。繊細ながらも力強い歌声が私も虜になりました。

EMAさんは、明るい感じのテイストよりも、ちょっと暗い世界観の方が書きやすいとインタビューでおっしゃっていました。

また、毎日日記をつけているそうです。「これは覚えておいた方がいいな」と思った出来事や、自分の中で新しい感情を見つけたって思う時に、自分しか読めないような汚い字で殴り書きのように記憶しておき作詞をする時は、その日記を見返したりして、当時の感情や記憶を違った言葉に変換して書くことが多いらしいです。

感情や表現力が豊かでこのような独創的な歌詞を生み出していると思いました。

K-POPを聴くことが多くBTS(防弾少年団)やBLACKPINKのような、サビでドロップを多用するような曲が好きらしいです。また、日本のアーティストでは宇多田ヒカルさんが大好きと話しています。

amazarashiさんやAwichさんなど様々な音楽を聴いているそうです。このように、様々な音楽から影響を受けて素晴らしい音楽が出来ていくのですね。

最近では、YouTubeでAPEXの配信をしていました。配信ではDUSTCELLと違うEMAを見ることが出来ます。

Misumiさんはどんな方?

DUSTCELLって一体何者なの??詳しくご紹介 | 【歌ってみた・MIX依頼の定番】有名歌い手やプロも利用

Misumiさんは元ボカロPという経歴を持っています。その多くがニコニコ動画で殿堂入りしています。楽曲としては、「ミッドナイトに猫は笑う」「狂う獣」「オルターエゴ」「FAKE」などがあります。

Misumiさんの作る曲はどれも美しいミュージックが多いと思います。曲調としては、かなり難しいと思います。歌うのも結構難しいです…

K-POPにもハマっており、構成や展開からも刺激を受けることが多いと話しています。

ルーツ的な部分でいうと宇多田ヒカルさんに影響を受けているそうです。宇多田ヒカルさんの挑戦的な音楽をやっているのに、広く、多くの人に届く。DUSTCELLとしてもそんな作品を作りたいなと考えています。と話していました。

DUSTCELL 私的!オススメ楽曲紹介

Heaven and Hell

こちらの曲は、もちろん音楽自体も素晴らしいのは当たり前ですが、映像にも手がかかっています。

曲が前半と後半の変化に注目して音楽を聞いて見て下さい。またサビの変化も非常に聴きどころです。

本当に引き込まれる世界観の曲なので聴いて見て下さい。

ONE

「ONE」は、Misumiさんが作詞作曲を手がけている楽曲になります。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』を一気観して、人間って、世界って何なんだろうっていうことを考えていた時にできた曲らしいです。

最初に私が聞いた感想は、壮大…この一言に尽きます。

こちらの楽曲は鳥肌ものなので是非一度聞いて見て下さい。

アネモネ

アネモネは、非常にボカロに近い楽曲のような感じがしました。EMAさんの高音と楽曲が非常にマッチしていて世界観をDUSTCELL色に染めていると思います。

コメントでは、様々な方が映像の考察をしていましたが、EMAさんがtwitterで「やば なんも考えてなかった」とツイートしていたのが印象的ですw 

ユーモラスなEMAさんからは想像の出来ない楽曲なので聴いて見て下さい。

まとめ

今回は、DUSTCELLについて紹介させて頂きました。私は勿論これからも応援していきたいと思います!

今は、厳しい状勢ですがDUSTCELLの活躍に期待しています!

また、機会があれば他のアーティストも紹介していきます。

最新情報をチェックしよう!